フライングディスク競技における新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインver.2.0について(7/10公開版)

Pocket

1.はじめに

本日2020年7月10日、日本政府が公表している「イベント開催制限の段階的緩和の目安」がステップ③へと緩和されました。しかし引き続き、「新しい生活様式」に基づく行動をとりながら、感染拡大防止に努めなければなりません。

この度、当協会で策定していた、「フライングディスク競技における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン ver.1.0」を更新しました。フライングディスクの競技者・愛好者・チームの皆様におかれましては、本ガイドラインをご確認いただき、感染拡大予防策に取り組みながら、活動をおこなっていただきますようご配慮ください。本ガイドラインは、現段階で得られている知見等に基づき作成しています。今後は、社会情勢や新しく得られる知見を踏まえて、随時変更することがあり得ることに御留意をお願いします。

2.更新後ガイドラインの考え方

対策1 1. 接触感染の防止:手洗い / うがい / ディスク洗い
対策2 2. 飛沫感染の防止:マスク着用 / 発声制限 / 対人距離確保(できるだけ 2m(最低 1m))
対策3 3. 記録管理:健康チェックと行動記録

本ガイドラインは、各個人が基本的な感染予防対策(1. 接触感染の防止 / 2. 飛沫感染の防止 / 3. 記録管理)を基本に策定しました。本ガイドラインの位置づけとしては、フライングディスク競技活動の再開(愛好者〜競技者)における留意点や指針、行動目標となります。環境やルールなどの競技種目特性に応じ、場面を区分して整理をしています。また、活動時は、充分な感染予防対策をおこなった上で、所属大学・法人、都道府県・市町村の指示を優先して判断してください。

これからの季節は、熱中症の危険性も高まってきます。現状では、外出自粛の影響により体力が低下していること、暑さへ慣れていないことが想定されますので、活動前・活動中・活動後には、各自もしくはチーム内にて、熱中症対策にも十分配慮した活動をおこなってください。また、活動の強度レベルについても、活動再開後すぐに緊急事態宣言発令前のレベルで活動するのではなく、活動の強度レベルを段階的にあげていくようご対応ください。

資料

※本ガイドラインは、今後の日本政府の発表や見解、また、社会情勢に応じて、段階的に変更をおこなう予定です。変更が生じた際には、当協会HP上で公開します。今後、当協会主催の事業においては、ガイドラインの内容に基づきながら、事業を運営していきます。また、今後事業開催の際には、該当事業が開催される都道府県の方針に従い、開催の判断をおこなっていきます。
当協会へのお問い合わせや次版での追記希望等については、お問い合わせフォームより受付させていただきます。

参考情報

フライングディスク競技における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン ver.1.0(2020/6/4)(PDF/約5MB)
スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン改訂版(日本スポーツ協会)

スポーツイベント開催・実施時の感染防止策チェックリスト(日本スポーツ協会)
【事務連絡】「移行期間における都道府県の対応について」(日本スポーツ協会)
新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(内閣官房)
新しい生活様式の実践事例(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた 市民による救急蘇生法について(指針) (厚生労働省)

新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について(スポーツ庁)

スポーツ活動再開時の新型コロナウイルス感染症対策と熱中症予防について(日本スポーツ協会)

日本野球機構・日本プロサッカーリーグにおける新型コロナウイルス感染症対策(Jリーグ / NPB)


お問い合わせ

日本フライングディスク協会 事務局
お問い合わせフォーム

Pocket