第41回全日本フライングディスク個人総合選手権大会 大会結果

Pocket

 

大会概要

大会名称 第41回全日本フライングディスク個人総合選手権大会
開催期間 / 場所 2016年7月22日(金)~7月24日(日) / 東京都 立川市・昭島市 国営昭和記念公園
主催 一般社団法人 日本フライングディスク協会
後援 スポーツ庁・日本ディスクゴルフ協会
主管 一般社団法人 日本フライングディスク協会 オーバーオール委員会
協力 東京都フライングディスク協会・都道府県協会連絡協議会(FDPAC)
成立部門 ①オープン部門(性別不問) ②オープン・グランドマスター部門 ③学生部門④チャレンジ部門
参加資格 ※2 日本フライングディスク協会(JFDA)A会員、各都道府県フライングディスク協会会員、日本ディスクゴルフ協会(JPDGA)会員、各都道府県ディスクゴルフ協会会員
参加人数 オープン部門30名 チャレンジ部門15名 合計45名

総評

今年の個人総合選手権は、初日前半こそ小雨が降ったものの、初日後半からは雨も上がり、2日目、3日目も真夏の日差しではなかったため、この時期にしては理想的なコンディションの中で開催されました。
今回から新たに学生部門を設けましたが、熊本大学の水野選手、松本選手、仙台大学の石山選手など、地方から駆けつけてくれた選手もおり、学生部門の選手達が大会を大いに盛り上げてくれました。
中でも、6歳の頃から日本記録を塗り替え続けている堀菜華選手(13歳)は、アキュラシーとディスタンスでは学生部門2位となり、大学生選手に引けを取らない、期待通りの活躍を見せてくれました。
また、今回初参加の加治一紀選手(早稲田大学4年)は、ディスタンスオープン部門で第2位、SCFではオープン部門優勝、個人総合でもオープン部門第4位に食い込む健闘を見せ、今後の活躍を大いに期待したい注目の選手です。
個人総合は、グランドマスターの横田浩選手、昨年、歴代最多となる16回目の優勝を成し遂げた大内勝利選手、過去1回優勝の黒田大輔選手の3名が、最後の最後まで三つ巴の争いを繰り広げましたが、1.5ポイントの僅差で黒田大輔選手が2度目の優勝を果たしました。
今回は参加者数こそ例年並みでしたが、参加種目数の増加や、若い選手の活躍も見られ、とても充実した大会であったと思います。

新記録

【アキュラシー】
堀 菜華   女性(13歳以下)  13/28投 世界記録

【ディスタンス】
堀 菜華   女性(13歳以下) 126.95m 世界記録
小幡 剛久  男性 (55歳以上)  127.45m
大野 晴   女性 (2歳以下)  1.01m

【M.T.A】
堀 菜華   女性(13歳以下) 8″14秒

【T.R.C】
横田 浩   男性 (55歳以上)  48.21m

【S.C.F】
横田 浩   男性 (55歳以上)  95.49 (9″10秒/45.44m)

個人記録(PDFダウンロード

2016個人戦結果_1

2016個人戦結果 2_2

2016個人戦結果 3_3

2016個人戦結果 4_4

2016個人戦結果 5_5

2016個人戦結果 6_6

2016個人戦結果 8_8

2016個人戦結果 7_7

2016個人戦結果 9_9

大会写真

第41回全日本フライングディスク個人総合選手権大会(facebookアルバム)

13717330_560739154098412_1212454372616317937_o 13717300_560736470765347_8652211347921332950_o
13737529_560735477432113_3616220192316564909_o 13731019_559921010846893_3355547956256031193_o
13737521_559920097513651_5452379018283777076_o 13576615_559900227515638_7422196318278276660_o

お問い合わせ

◆ 大会全般に関するお問い合わせ ◆
日本フライングディスク協会 事務局
電話番号: 03-6423-6801
お問い合わせ: お問い合わせフォーム

Pocket