WFDF Presents Strategic Plan for 2015-2018

Pocket

世界フライングディスク連盟(WFDF)より「WFDF Presents Strategic Plan for 2015-2018」の発表がされました。

The World Flying Disc Federation (WFDF) today has released its strategic plan for the period 2015-2018.  This four-year strategic plan was developed by the members of the WFDF Board of Directors during its recent face-to-face meeting in Toronto after reviewing input from Member associations and 3,400 individual members of the disc community through a global questionnaire. This document spells out WFDF’s vision and values, its core strategies, and the tactics for achieving them.

 WFDF President Robert “Nob” Rauch commented:  “The underlying theme was to work toward encouraging disc sports as a lifetime past-time and a lifestyle, taking advantage of the entire array of disc sports that can be played by people of all ages and abilities. Key elements include continuing to improve the quality of our events and the playing experiences for both elite and grass roots athletes. We also seek to increase the public face of flying disc sports and make them more entertaining on the world stage. Despite our aspirations for increased professionalism and recognition within the Olympic sports family, we continue to maintain a commitment to the culture that has made Frisbee sports unique and allowed them to grow so rapidly: spirit of the game (personal responsibility and self-officiating), a focus on the athletes, the inclusive nature of our approach, and the element of fun.”

 WFDF has reaffirmed its Mission Statement, which is “to support and promote the global advancement of disc sports and spirit of the game.”  It has articulated the values of the organization:  the Frisbee lifestyle of playing disc sports over one’s lifetime; Spirit of the Game; passion, community, and inclusiveness.  WFDF has also outlined six strategic goals:

 1.         Put programs in place to encourage disc sports as a lifetime past-time and a lifestyle

2.         Focus on providing higher quality events

3.         Support member associations more fully

4.         Showcase spirit of the game as an essential element of disc sports

5.         Increase the public face of disc sports and make them more entertaining

6.         Create a more effective and sustainable organization

 For each of these strategies, a number of tactics to contribute toward its achievement is outlined and a board member has taken ownership and committed to a deadline for the achievement of each of them.

  “The WFDF board and officers will be using this strategic plan to guide our decisions over the next four years,” Rauch added. “We see it as a document that will help us make explicit decisions about our activities, program investments, and priorities based on strategic considerations within the context of our limited resources. At a stage where the IOC has fully supported the Olympic Agenda 2020 proposals we feel prepared for the tasks and challenges derived from these decisions.”

  This document is the second formal strategic plan by WFDF. The first was adopted for the period 2012-2014 and was used as a purely internal guide by the Board. It provided a three year roadmap leading up to our quadrennial World Ultimate Club Championship in 2014, with an underlying theme to grow the global Flying Disc Sports family beyond the traditional strongholds while simultaneously pursuing recognition by the International Olympic Committee.


 世界フライングディスク連盟(WFDF) 2015-2018の戦略計画(訳:日本フライングディスク協会)

世界フライングディスク連盟(以下WFDF)は、2015-2018の戦略計画を公開しました。今後の4年間の指針となるこの計画は、世界各国の加盟団体と3,400名の選手から集めたアンケートをもとにしてWFDF理事会にて作成されたものであり、WFDFのビジョン・考え方・今後の指針となる戦略、そしてそれらを達成するための戦術が説明されています。

 この計画の発表を受け、WFDFのロバート・ノブ・ラウ会長は以下の様な声明を発表しています。

「この計画の根底にあるのは、あらゆる年齢・能力の人々が楽しむことができるという特徴を活かし、生涯スポーツや生活の基盤としてフライングディスクを普及させていくというテーマです。そのためには、各種大会の質を向上させ、トップ層の選手と地域で活動している選手の両方に対して満足度の高い競技環境を提供することが鍵となります。また、一般の人々の目に触れる機会を増やし、世界規模のエンターテイメントとして成長させていくことも同時に必要となります。そしてプロ選手が活躍できる環境の構築やオリンピックファミリーからの承認を目指しながらも、フライングディスク競技の独自性を育んできた文化(選手個人の責任感とセルフ・ジャッジに基づくスピリット・オブ・ザ・ゲームという精神やアスリート主体の文化、包括的なアプローチ、そして根源的な楽しいという感情)を継承し、成長させていきます。」

 WFDFのミッション・ステートメントには「フライングディスク競技とスピリット・オブ・ザ・ゲームという精神の進歩を世界的に支援・促進する」とうものがあります。この考え方によって、生涯スポーツとしてのフライングディスク、スピリット・オブ・ザ・ゲームという精神、情熱、コミュニティー、包括性が一貫性のあるものとなっています。以下に6つの戦略的目標を記述します。

  1. 生涯スポーツや生活の基盤としてのフライングディスク競技を普及させることを目的とした計画を作成する。
  2. より質の高い大会の開催を目指す。
  3. 加盟団体に対してより強力な支援を行う。
  4. フライングディスク競技の本質としての「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」を強調する。
  5. 一般の人々の目に触れる機会を増やし、世界規模のエンターテイメントとして成長させる。
  6. 現在よりも効果的で継続的な組織を編成する。

 上記の6つの戦略の各々に対して、これらを達成するための手段が数多く考えられており、役員主導のもとで期限を設けて取り組んでいます。

 ラウ会長は追記として、「WFDF役員及び事務局員は、この戦略計画に基づいて今後4年間の活動を行います。この戦略計画は、私たちの活動や計画投資、限りある資源の中での戦略計画に基づく財産に関して明瞭な判断の基準となることでしょう。国際オリンピック委員会(IOC)がオリンピックアジェンダ2020を採択したこの段階で、この提案から生まれるタスクや挑戦に対して私たちも準備していかなくてはなりません。」

 この戦略計画はWFDFが公開する2回目の公式な計画となります。2012-2014の計画として採択された1回目の戦略計画はWFDF内部で指針として、2014年の世界クラブチームアルティメット選手権大会までの計画の作成に用いられました。そしてその中には、国際オリンピック委員会(IOC)からの承認の獲得を目指すと同時に、従来の垣根を超えてフライングディスク競技を国際的なものへと成長させるというテーマも盛り込まれていました。

Pocket