【最終案内】2014ウィンターインドアガッツ選手権大会

Pocket

概要

大会趣旨
フライングディスク競技の中で最高峰のスピードと研ぎ澄まされた集中力が魅力のエクストリームスポーツ、「ガッツ」。今大会は、静岡県伊豆市での開催となります。

大会名称 2014ウィンターインドアガッツ選手権大会
開催期間 2014年11月29日(土)~11月30日(日)
開催場所 静岡県伊豆市・サイクルスポーツセンター 多目的ホール内フットサルコート
アクセス
主催 一般社団法人日本フライングディスク協会(JFDA)
主管 JFDAガッツ委員会
協力 京王観光(株)
競技部門 ①オープン(性別不問) ②ウィメン(女性のみ)

大会スケジュール

11月29日(土)
9:00 開場
9:10 チーム受付
9:20 開会式
10:00~17:00 予選
20:00~21:30 大忘年会(宿泊施設内、宴会場※夕食後)

11月30日(日)
9:00 開場
9:30 予選・3位決定戦
13:30~15:00 決勝戦
15:00~ 表彰式・閉会式
16:00 閉場(完全撤収)

参加チーム・人数

【オープン部門(19チーム・112人】
運転状況により、多少時間は異なります。
ニコニコDOUGARS
かませ犬
SELFISH
JAVA
ちゃばんず
空牙
GRABBERS
80s
日本福祉大学 ウォーリアーズ
立命館大学ルドルフ
カトタツと愉快な仲間たち
ORBIT
Super G-men

漆黒の七賢人
獨協大学 WAFT!
おしょー
HHH(トリプルエッチ)

【ウィメン部門(4チーム・27人】
TeamX+
ガッツ石松
獨協大学WAFT!
smile

合計:23チーム・139人

組み合わせ詳細(PDFダウンロード)

2014WIG_12014WIG_2

2014WIG_32014WIG_4

タイムスケジュール詳細

2014WIG_52014WIG_6

競技ルール・試合形式

・Wham‐O社製、フリスビー・プロフェッショナルモデルを大会公認ディスクとします。ゲームディスクは当協会にて用意します。
・世界フライングディスク連盟制定ルールで実施致します。

a. オープン1次リーグ、ウィメン予選リーグ
・11点先取の2ゲームとする。
・デュースの上限は15点とする。
・メンバー交代は両チームの得点の合計が5点以上から可能とする。
・各ゲーム間のインターバルは2分とする。
・各ゲームにはゲームに関係しないチームをスコアラーとして配置する。
・ゲーム開始時刻に規定人数が揃っていない場合は状況に応じてスクラッチとし、当該ゲームのスコアは11-0とする。

b.オープン 1次リーグ戦での暫定順位決定方法
1次リーグの結果から、以下の優先順位で各リーグの順位を決定し、上位1・2位の12チームが2次リーグ、3・4位の7チームを下位リーグとする。
1. 勝率の高いチームを上位とする。(勝率とは勝利ゲーム数÷全ゲーム数を指す)
2. 総得失点の多いチームを上位とする。※
3. 総得点の多いチームを上位とする。※
4. 総失点の少ないチームを上位とする。※
5. 直接対決の勝者を上位とする。
6. ディスクフリップ
※デュースだった場合の得点、失点は11点を上限としてカウントする。

c. オープン2次リーグ及び下位リーグ
・21点先取の1ゲームとする。
・デュースの上限は25点とする。
・メンバー交代は両チームの得点の合計が11点以上から可能とする。
・各ゲームにはゲームに関係しないチームをスコアラーとして配置する。
・ゲーム開始時刻に規定人数が揃っていない場合は状況に応じてスクラッチとし、当該ゲームのスコアは21-0とする。

d. オープン 2次リーグ及び下位リーグでの暫定順位決定方法
2次リーグの結果から、以下の優先順位で各リーグの順位を決定し、1位の4チーム、2位の4チーム、3位の4チームによる順位決定トーナメントをそれぞれ行う。下位リーグについては、リーグ内の暫定順位を決定し、順位決定戦をそれぞれ行う。
1. 勝率の高いチームを上位とする。(勝率とは勝利ゲーム数÷全ゲーム数を指す)
2. 総得失点の多いチームを上位とする。※
3. 総得点の多いチームを上位とする。※
4. 総失点の少ないチームを上位とする。※
5. 直接対決の勝者を上位とする。
6. ディスクフリップ
※デュースだった場合の得点、失点は21点を上限としてカウントする。

e. オープン順位決定トーナメント及び順位決定戦(決勝戦を除く)
・21点先取の1ゲームとする。
・デュースの上限は25点とする。
・メンバー交代は両チームの得点の合計が11点以上から可能とする。
・各ゲームにはゲームに関係しないチームをスコアラーとして配置する。
・ゲーム開始時刻に規定人数が揃っていない場合は状況に応じてスクラッチとし、当該ゲームのスコアは21-0とする。

f. ウィメン順位決定トーナメント
・21点先取の1ゲームとする。
・デュースの上限は25点とする。
・メンバー交代は両チームの得点の合計が11点以上から可能とする。
・ゲームに関係しないチームをスコアラーとして配置する。
・ゲーム開始時刻に規定人数が揃っていない場合は状況に応じてスクラッチとし、当該ゲームのスコアは21-0とする。

g. オープン決勝戦
・15点先取の2ゲーム先取とする。
・デュースの上限はない。
・メンバー交代は両チームの得点の合計が7点以上から可能とする。
・ガッツ委員会の選出した審判員が全てのプレーを判定する。

h. ウィメン決勝戦
・15点先取の2ゲーム先取とする。
・デュースの上限はない。
・メンバー交代は両チームの得点の合計が7点以上から可能とする。
・ゲームに関係しないチームをスコアラーとして配置する。

ユニフォーム
・上下毎にデザインを統一したものを揃え、番号を付してください。
・番号の大きさは、縦を【6cm】以上とします。

表彰
表彰式では、オープン部門の上位3チーム、ウィメン部門の1位および各種個人賞を表彰します。

保険・怪我について

<保険>
参加者全員に競技中に発生した怪我に対応する傷害保険と他の人・物に損害を与えた場合の賠責保険に加入していただきます。怪我をして病院に行く場合は必ず本部にいるスタッフに報告してください。本部で事故報告書を受け取り、後日速やかにJFDA本部事務局へ送って下さい。この手続きをして頂かないと保険会社への連絡が出来ず、たとえ本大会期間中のケガであっても保険取扱い対象外となりますのでご注意下さい。

<怪我>
怪我の程度により、病院の紹介・救急車の要請等を行います。病院にかかる場合は【保険証】が必要となります。保険証のコピーを必ず持参して下さい。病院で治療を受ける時に保険証が無いと無保険となり、治療費が高額となり手続きも煩雑となります。(通常料金の約5倍です)家を出る前に保険証を携帯したか、必ずご確認ください。

なお、大会期間中に発生した事故その他に関して当協会は一切責任を負い兼ねますので、予めご了承ください。

大忘年会

今年度も大忘年会を開催致します。宿泊の申し込みと一緒に申し込み下さい。
2014年11月29日 20時より

写真・映像撮影

今大会において当協会が撮影した写真・映像は、各種メディア(テレビ・新聞・雑誌・インターネット)の報道目的で掲載することがありますので、ご了承ください。

大会が中止となった場合の対応

大会は原則的に決行いたしますが、異常気象や災害発生状況等により主催者が開催不可能と判断した場合には中止にする場合があります。その場合、お支払いただいた参加費は返金できない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。中止の際はチーム代表者に連絡をします。

大会全般に関するお問い合わせ

一般社団法人 日本フライングディスク協会 事務局
電話番号: 03-6423-6801
携帯番号: 080-5521-4262
メールアドレス: info@jfda.or.jp

Pocket