seminar_top2

講習会・資格

Pocket

本協会ではフライングディスクの普及・振興を目的として、講習会の開催や講師の派遣、公認指導者認定制度の制定や認定会等の開催をおこなっております。講習会開催・講師派遣のご希望等があれば、お気軽にご相談ください。2016年3月より、「フライングディスク競技指導者テキスト」のPDFを無料公開しております。指導の際の参考やご自身の研鑽にご活用下さい。

講習会実施依頼について

小学校・中学校・高等学校・大学でフライングディスクを授業に取り入れたいとお考えの方や地域総合型スポーツクラブでフライングディスクを扱いたいとお考えの方など、フライングディスクを用いた活動を計画している方を対象に、普及活動の一環として支援・協力を行っています。フライングディスクの技術指導はもちろんのこと、ご要望に会わせて授業内容・評価項目や講習内容の概略を用意しています。その他に、出張授業等も行っておりますのでご相談がありましたら下記の情報を明記の上、下のフォームからいつでもご連絡下さい。

日時:
イベント名:
主催者名・学校名:
場所:
参加人数(見込み可):
担当者名:
電話番号:
その他説明・ご要望等:

公認指導者資格制度

公認指導者認定試験 実技試験内容一覧

基本ルール
・同じ日に2度受験することはできない。
・実技試験(スローテストを除く)の順番は、天候、場所等の状況に応じ、講師により決定される。なお、インストラクター1級、2級、およびディスクアドバイザー1級受験者は、スローテスト以外の実技試験を全て行い、全てにパスした場合のみ、スローテストを行うことができる。
※テストにあたっては、ロス・タイムを少なくするため、試験官の他に数名の補助員に協力をあおぎ、できるだけ多くのディスクを準備する。
使用ディスクについて ※2015.8改正
・使用できるディスクは、WFDF公認ディスクに限る(ルールブック参照)
・ディスタンス、アキュラシー、基本スローに関してはアキュラシーのディスク特別規定に適したディスクを使用するディスクゴルフ(アプローチ・パット)の 2 種類については150オープンクラスの条件(ディスクゴルフ・ルール「800.03-B 及 801.02」参照)を満たしたディスクを使用する。
・試験で使用するディスクは下記のとおり。(協会で用意するディスク)
※但し、受講者が持参したディスクを使用したい場合には主催者に事前に申請をすること。(種類は下記条件を満たしたディスクに限る。)

試験科目 フライングディスクの種類
スローテスト
ディスタンス
ウルトラスター(ディスクラフト)
アキュラシー ウルトラスター(ディスクラフト)
ゼファー(イノーバ)
フリスビー・ファーストバック(ワーム・オー)
SCF(MTA・TRC) フリスビー・ファーストバック(ワーム・オー)
ディスクゴルフ エビア(イノーバ)
マグネット(ディスクラフト)
フリースタイル スカイスタイラー(ディスクラフト)

2017年度日本フライングディスク協会公認指導者認定講習会
日時:2018年3月17日(土)~3月18日(日)
受付場所及び講義:帝京大学八王子キャンパス (東京都八王子市大塚359)
開催要項

規定

公認指導者規定別表様式一覧

ゲームアドバイザー資格制度

2018年5月19日より、公認ゲームアドバイザー資格制度を開始しました。詳細は下記ページをご参照ください。
ゲームアドバイザー資格制度について

JFDA_sumbnail_GA_x2

Pocket