ultimate_1

フライングディスク競技

Pocket

フライングディスクとは

初期の頃は玩具として使用されましたが、優れた飛行特性を活かした11種目が生み出され、プラスティック製ディスクと11種目を総称する一般名称「フライングディスク」が1984年に制定されました。材質や形状に改良が重ねられた現在のフライングディスクの飛行性能は、最長飛距離「263.2m」、最高時速「時速152.9km」、最長滞空時間「16.72秒」とギネスブックに認定されるほど優れたものとなっています。もっと詳しく

12種目(世界公認11種目 + 日本公認1種目)

ultimate_aboutアルティメット Ultimate
アルティメット(Ultimate)は、各7人からなる2チームが100m×37mのコートでディスクをパスしながら運び、エンドゾーン内でパスをキャッチすると得点(1点)となります。球技にはないディスクの飛行特性を利用すること、スピードや持久力を必要とすること、スピリット・オブ・ザ・ゲーム(Spirit of the game)という基本理念に基づいた自己審判制(セルフジャッジ)を採用していることから究極(Ultimate)という名前がつけられました。

guts_aboutガッツ Guts
各5人ずつの2チームが14m(女子は13m)間隔の平行線上に向かい合い、オフェンスチームの選手1人が、ライン上に並んでいるディフェンスチームのスコアリングゾーン(5人が手を広げた幅とそれぞれの手を伸ばした高さで作られる面)にディスクを投げ、キャッチ成功・失敗によって得点を獲得するゲームです。スローワーは、ファールラインの手前から地面に接することなくディスクを投げなければなりません。

discgolf_aboutディスクゴルフ Disc Golf
個々にディスクを持った、一組3〜4に本のパーティーが各ホールに設けられた専用のゴールにディスクを入れるまでの投数の少なさを、通常18ホールの合計スコアで競います。公式ルール:ディスクゴルフ(日本ディスクゴルフ協会HP)

freestyle_aboutフリースタイル Freestyle
フリースタイルとはディスクを使い規定時間内に自由な演技をし、その完成度・難易度・表現力を審判が採点し、合計ポイントで順位を争う種目です。

ddc_aboutダブル・ディスク・コート [D.D.C.] Double Disc Court
2人1組の2チームが17mの間隔をあけた13m四方のコートに分かれてプレーします。2枚のディスクを相手コートに投げ合い、相手チームに2枚のディスクを同時に持たせるようにする種目です。両チームの1人がディスクを1枚ずつ持ち、合図で同時に相手コートにディスクをスローして開始します。

discathon_aboutディスカソン Discathon
プレーヤーは2枚、又は予備を加え3枚のディスクを使用して林間コースの途中に設けた数十ヶ所のディスク通過を義務づけた地点(マンダトリー・旗門)にディスクを通過させながら進みます。スタートライン手前から1枚のディスクを投げて出発し、ディスクの落ちた地点まで残りのディスクを持って走ります。落ちたディスクの中心から1.5m以内のライエリアに到達したら、持っているディスクを投げ、投げ終えてから落ちているディスクを拾い、進みます。

distance_aboutディスタンス Distance
ディスクの飛距離を競う種目です。間隔をおいて設けた複数のスローイングサイトから2分30秒以内に5回スローを行い、飛距離を計測します(ファウルラインの中心から、地面に落ちた地点でのディスクの中心までを計測)。スローイングの際は、投げ方に制限はありませんが、バックハンドスローが一般的です。

accuracy_aboutアキュラシー Accuracy
スロー・コントロールの正確さを競う種目です。高さ1mの足をつけた、一辺1.5mの正方形の枠をアキュラシーゴールとし、正面の13.5・22.5・31.5m、左右方向の13.5・22.5mの7ヶ所から各4投します。合計28投を7分間の制限時間内に行い、アキュラシーゴールの通過数を競います。

scf_about セルフ・コート・フライト [S.C.F.] Self Caught Flight
マキシマム・タイム・アロフト[M.T.A.](Maximum Time Aloft)とスロー・ラン・アンド・キャッチ[T.R.C.](Throw Run and Catch)の複合の種目です。ディスクを投げてから片手でキャッチするまでの滞空時間と距離を競います。

2015Ultimate_WCBU0312_55ビーチアルティメット Beach Ultimate
ビーチアルティメットは、砂の上でアルティメットを行う5人制のチームスポーツです。通常のアルティメットより少し小さい75m×25mのフィールドでプレーを行い、フライングディスクを落とさずにパスをして運び、コート両端のエンドゾーン内でディスクをキャッチすれば得点となります。

dodgebee_aboutドッヂビー DODGEBEE
ソフトディスクを使用して行うドッジボール形式のゲームです。相手チームに当てられたプレーヤーは外野に出なければならず、また相手チームを当てた外野のプレーヤーは内野に入ることができます。決められた時間内に、相手チームよりも多くのプレーヤーが内野に残っていたチームが勝ちとなります。ドッジボールと区別するため、「ドッジビー」ではなく「ドッヂビー」を正式名称としています。世界連盟ではなく日本フライングディスク協会の独自公認種目となります。公式ルール:ドッヂビー(日本ドッヂビー協会HP)

ダウンロード資料

Pocket